メタボリック その後2006/02/22 23:02

継続は力なり!
 昨年12月の人間ドッグ以来、今年は肉体改造の年だと思って行動している。体脂肪率改善、内臓脂肪低減、骨格筋増強。現状の循環器科系の中年病症候群の対策にはそういうことが必要らしい。骨格筋増強というのは初めて知ったことだが、太る太らないというのは入りと出のバランスだから入りの食べたカロリーに対して出の消費するエネルギーが足りないと余剰分が脂肪となる。消費するエネルギーには眠っていても消費する基礎代謝がベースであり、これが骨格筋量によるということだ。つまり、筋肉がやせると代謝が減って消費が減ることにより太りやすい体になるということだ。
ということでここ一年自動車通勤してきたのが悪いと思って出来るだけ歩くのを増やそうとした。万歩計をつけてここ2ヶ月、毎日の歩行数をカレンダに書き付けながら歩くことに努めた。一日一万歩を目指したがなかなか一万歩は難しい。8千歩程度の維持が出来るだけで良しとしたい。入りのほうは若干、酒は控えめになったつもり、食べる量は減っていない。
 その結果、体重は全然減らず。負惜しみだが歩く分、体調は良くなっている気がする。歩くだけでは負荷が掛かっていないので骨格筋増強には寄与しない。
 次の展開が必要。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「海」と入力してください

コメント:

トラックバック