紙飛行機収納方法2009/01/04 22:37

Untitled Document

しばらく紙飛行機活動をしておりません。ご存知のとおり。

今年は(年が替わったので去年は)家の身の周りの改善活動、Do it your self ,に余暇の時間を使っていました。

歳の最後の大掃除のときに部屋の整理をしたく、吊るした飛行機も整理の潮時と思っていた。

正月明けに2日余裕があったので思い切って部屋の模様替えに取り組みました。

IMG_4515.JPG - 39,292BYTES

IMG_4516.JPG - 33,716BYTES

二宮先生ご指導の簡便な、部屋に渡した紐から吊るす方法で6年以上やってきた。

今回、壁の一面を飛行機用ラックにすることにした。

IMG_4517.JPG - 23,788BYTES

木工は今年の成果であり、このようなものを具体化する能力(勇気?)が身についた。

こういう工作のケースではタイトボンドは非常に良い。コニシの木工ボンドでは力不足でもタイトボンドは信頼できる。

家の家具のゆるんだ椅子の背板はすべてタイトボンドでカチンカチンに修復できた。

IMG_4522.JPG - 32,817BYTES

こうして整理しながら吊るしてみるとネット経由公開された飛行機を作りながら勉強させて頂き、ここまでやってきた自分の足取りが良くわかって興味深い。

しばらく紙飛行機からは遠ざかっているが空いたラックを埋めるべく、次を作ろうかというリフレッシュの意味もあります。

 

 

 

 

転倒2009/01/18 12:03

1997以来愛用のメガネが...
 ころんで怪我をした. 正月早々ついていない.

 酔っ払って帰ったのでよく覚えていないが
たぶんタクシーを降りて家に入るときに躓いたのだと思う.

 顔の右半分とメガネ大破.
傷は浅かったので助かったが血だらけになった.
 メガネは大きくゆがんだが、レンズが割れず、フレームも破断はしなかったので深刻な怪我にならずに良かった.

 しばらくみっともない顔を見せることになる.
メガネも修理できない状態だそうで散財することになる.

 新年早々の不運で、この後は上昇することを祈念する.