ディジタルなのにアナログなのだ2005/07/30 09:09

2000年の年賀状に使用したイラスト
 特に不満、不都合もなく インターネット閲覧に使っていたPCに最初に変化が生じたのがプリンタ接続。
それまでは年賀状と言えば国民の年末行事「プリントごっこ」をもっぱら使用していたが 、宛名書きもめんどうだなぁと言うことで
1999年の年末にプリンタ購入。Y2K対策で年末年始出勤だったのでこういうチョット古いネタを使わせてもらった。

 次の変化は2年後、世の中にCD-Rが出てしばらく経っていたがデータ媒体というより、自分用の音楽CDが造れるというメリットにようやく気がついた。
ちょうどその頃、日本の若手クラシックギタリスト、木村大や大萩康司が出てきて、最近の若い人はうまいなぁと盛んにCDを聞いていた時だったので職場の友人や学生時代のクラブのメンバにお気に入りCDを作って配った。まあ、相当偏った好みなので、もらった人は気に入らなかったと思う。
この時、初めて我がGateway2000のミッドタワーを空けて5インチベイにCDRドライブを装着する作業を経験した。12V電源配線とIDEのフラットケーブルを覚え、IDEにはPrimaryとSecondary、それぞれのmaster、slaveで4個のデバイスまでしか接続できないことを実感した。この時点でディスク、CD、
MOドライブ、CD-Rドライブの4デバイスで埋まった。
CD-Rの音楽録音で経験したのは、ディジタルなのにアナログだ、ということ。
PC内に保存された.wavファイルをCD内のデジタルファイルとして書き込むことは全くのデータ保存のデジタルな作業だと思っていた。だから16倍速でも24倍速でもデータとして誤り無く記録できれば良いのだと、エラーが発生しない最速でストアしようとした。それがディジタルの良いところのはず。
ところがCDプレイヤで再生すると音がゆれる、音がとぶ。インターネットで識者のHPを拝見すると、CDプレイヤ自体のアナログな性格が出るらしい。
プレイヤはCDからデータを読み出しながら、D-Aコンバータで音を再生、増幅するが、読み出し時に記録実態(磁気?、穴?)にゆらぎがあると読み出しのサーボ系が振動し、後段の再生系のクロック?電圧?にも影響が出るとか何とかだった。せっかくのディジタルなのだから間にバッファを置いて別系統の回路で再生すれば良いのに... などと言うのは計算機屋の発想であって、1円でも安くの家電の世界はきびしいのだと想像した。
 かくして音楽CDはせいぜい10倍速で記録し、かつ、その時パソコン内では他のアプリケーションやバックグランドのデーモン処理などが動かないように(つまり、CD記録アプリケーションソフトが正しいピッチで動作できるように)クリーン環境なるソフトを使用して、音楽CDを作成している。

アンドリュー・ヨーク2005/06/01 00:39

アンドリュー・ヨークを集中的に聞いてみた.
10年前、たまたま写真左上のLAGQ(LosAngels Guitar Quartet)のCDをレコード屋(とは言わないのか)で見つけたのが出会いだった.
「くるみ割り人形」をギター重奏でやっているのが学生時代のギタークラブの思い出でなつかしかった.
序曲や有名な行進曲の早いパッセージをなめらかに弾く、自然でシュアな技術が気に入った.
その後、木村大やジョン・ウィリアムスがいくつか小品をアルバムに入れているので作曲者として印象に残る.
映画音楽のようなしゃれた、風景をイメージできる小品(音景?)が多い.
最も有名なのは「Sun Burst」だろう.村治香織のがCMでも流れていた.
ロックでいうところのライトハンド(ボスハンド)奏法がカッコイイ.本人はどう弾いているのだろうかと「Perfect Sky」を入手して聞いてみると
なんと、フォークギター(スチール弦)で弾いているようだ.本人のコメントで「1986年の早い時期にスチール弦やエレキギターに持ち替えながら録音した」とある.
(Amazonのサンプル試聴で聞けます.  Sun Burst

「Denouement」の方はフレタを弾くジョン・ウィリアムズを思わせる確実でクリアな弾きかた.ギター教授?でもあるようで教室で使っていると思われるエチュードがいくつか含まれる.
どこか聞いたことがあるような曲ばかりで、作曲者として後世に残るオリジナリティはないかもしれないががうまい.
SunBurstと木村大に入っている「Moontan」は愛奏されて残るかもしれない.