旧市街2011/06/09 20:55

 街の様子です.
カラフルな伝統的な衣装を着た女性たち. 頭の上に荷物を載せて運ぶ姿.
黄色と緑のツートンカラーで目を引くオートリキシャー.
道路わきのごみ.
歴史的な建造物.
頻繁に鳴らすクラクション.(車の後ろに「Horn Please」と書いてある)
悠然とさまよう野良牛たち.
生真面目に荷車を曳くラクダ.

 混沌としています.タイムマシンで何世紀か前の世界に紛れ込んだ気がしてくる.

ガンジーの部屋2011/06/06 06:21

 Ahmedabadにガンジー・アシュラムというガンジーを記念する公園があります.この写真は有名なガンジーが糸車を引いていた部屋だそうです.

インド出張2011/06/02 21:29

 2週間連続で、3+1泊5日のインド出張に行きました.
行き先は西インドでは第二の大きさと言われるAhmedabad.
 15世紀に街が形作られ、イギリス統治下では繊維産業の街として発展し、ガンジーが独立運動を始めた街です.
 旧市街や郊外に出ればラクダや牛が歩いているおとぎの様な世界が見られます.
 航空旅費を節約するのに割安なシンガポール経由で行くので、家からホテルまでほぼ丸一日がかりです.今回、スケジュールの関係で一旦、週末に帰国して(家のペンキ塗りの続きをやって)出直したので、この2週間でシンガポール航空に8回乗りました.

 写真は旧市街にある、15世紀に造られた階段井戸です.観光遺跡として整備されることもなく、街の中にひっそりとありますが、規模の大きさと精緻な装飾にびっくりさせられます.