自転車の楽しみ2015/04/02 20:37

愛車 Bianchi Passo
 今日は自転車についてお話したいと思います.皆さんも子供の頃は乗られたのではないかと思いますが、最近、いわゆるママチャリとは別にスポーツサイクルとして随分ブームになっていると思います.私は10年程前から、このスポーツサイクルで自転車を再開しましたので、子供時代の思い出を含めてこれまでの自転車との付き合いをご紹介したいと思います.
 最初に自転車を買ってもらったのは小学校2年になるときだったと思いますが、ブリジストンの24インチの子供用でした.ネットで似たような写真を探してみましたが、こんな感じと思います.当時、小学生は皆、似たような自転車を持っていて、移動の足はこれでした.公園やグランドや友達の家など、子供たちが集まる場所には自転車が鈴なりに置かれていたのを思い出します.
 野球に行くときの標準的なスタイルは、後ろの泥除けの横にバットを挟み、ボールは前輪のスポークの間に押し込んでグローブをハンドルに吊るすという格好でした.
 最近は稀ですが、ブレーキがロッドで連結駆動されるものが多く、ハンドルが廻り過ぎてロッドが折れることが多かったと懐かしく思い出しました.
 高学年になると仲間と遠出のサイクリングに行きたくなり、スポーツタイプの自転車がほしくなります.その頃の自転車事情をネットで調べていて大変、懐かしく想い出したのが方向指示器、フォッグランプ、油圧ブレーキ、ディスクブレーキなど少年用自転車拡販戦略の時代でした.こういう広告が少年マガジンやサンデーの裏表紙を飾っていたものです.さすがに実用的でなく子供だましと親は思い、買ってもらえませんでした.
 結局、小5の時にミヤタのセミドロップ、5段変速の26インチを買ってもらい、中学にかけて仲間と近場のサイクリングに行きました.機械式のスピードメーター兼距離計、空気入れ、後ろの荷台に左右に提げるツーリングバッグを装備してましたが、標準スタイルだったと思います.
 セミドロップハンドルは今は見かけませんが、当時はドロップは背中が曲がる?少年には危険?とのことで中学で禁止されており、セミドロップが普通でした.
 機械式スピードメーターはこういう歯車の回転をワイヤーで伝えるもので、今から考えると随分、負荷になるものですが距離が積算されてうれしかったものです.結局、この自転車は高校の通学まで使いました.
 次に自転車を買ったのは就職して日立に来てからです.石名坂に寮が有り、交通が不便だったので大みか工場への通勤も考えて、車の前に自転車を買いました.その当時の少年達には憧れだったブリジストンのロードマン.これはカラーやパーツアセンブリがカスタマイズ出来るというヒット商品です.今度はドロップハンドルのシルバーで、27インチ12速です.入社2年目で49,800¥、10万弱の手取りにとっては大きな買い物でした.
 もっぱら通勤に使いましたが、帰りの上りが長いのと冬の寒さは辛かったです.休みには日立や勝田あたりまで足を伸ばしましたが、一番の思い出は一泊二日で千葉(流山)の実家を往復したことです.83年2月のことですが、当時は今のようにネットで地図情報や道路事情を調べることも出来ず、ドライブ用の道路地図しかありませんでしたので、もっとも単純なルート、6号線の往復でした.隣りを車が通過するので気を抜けずに気楽なサイクリングとは行きませんが、とにかく目的地へ到達することだけを考えて、途中、美野里と牛久で休憩しながら、利根川を越えると、もう勝手知ったる自分の庭という感じで辿り着きました.翌日は来た道を戻って、夕方には寮に帰り着いて風呂に入りました.同僚に千葉まで自転車で往復して来たと言って驚かれました.良くできたものだと思います.
 この後は仕事が忙しくなり、結婚したりで自転車に乗る機会もなくなって20数年、自転車から遠ざかりました.次に再開したのが2005年、歳も40後半になり運動不足のメタボ対策と知らない街を探索しようというポタリングの興味で自転車の雑誌を見てみると随分進化して様変わりしているのが判りました.従来からのロードレーサーに加えて80年代後半からマウンテンバイクがアメリカを発祥として人気となりました.これは山などのオフロードを走るため、頑丈なフレームとサスペンションを装備し、ハンドルはしっかり握り続ける必要があるためにドロップではなくフラットバー、変速ギアは山の上り下りに対応すべく広い可変速範囲のギア比として前3枚、後ろ9枚といったものです.
その後、このマウンテンバイクとロードレーサーの中間のような、街乗りを快適にするコンセプトでクロスバイクというタイプが出来ました.これが自分にピッタリと思い、今風のサイクルショップに行って購入しました.2006年のことです.
Bianchi Passo 2006型: これがネットの広告で仕様を表していますが、700C(27インチ)のイタリアブランドのしゃれた街乗り用の自転車です.約9万円で購入していますが、82年にブリジストンのロードマンを49800円で買ったことを思うと随分割安に感じます.
82年当時、ヨーロッパ車を買うなどとは夢のような話でした.これもそうなのですが、現在、世界のスポーツサイクルはほとんど台湾で作られているそうです.この広告を見ると良く判るのですが、ホイール、サスペンション、フロントドライブ、リアドライブなどと使用している部品のメーカー名と型式が列挙されています.現在のスポーツサイクルではグローバルな標準化、パーツ互換化が進み、部品メーカとそれらを組合わせて本体を構成する車体ブランドメーカーがあり、これらが台湾で組立てられるという格好になっているそうです.
パソコンに詳しい方はお気づきと思いますが、パソコンの世界に非常に良く似ていると思います.パソコンもCPU、マザーボード、メモリ、ハードディスク、グラフィックボードなど標準化、互換化された部品メーカーとRenovoやASUSなどの本体メーカー、iPodのEMS委託製造など中国系の台頭です.
日本メーカーではシマノが部品メーカーとして、イタリアのカンパニョーロと独占している状況です.現在のスポーツサイクルでシマノが躍進することになった2つのコンポーネントが有名ですのでご紹介します.
シマノは変速機が主力製品ですが、1つ目はSIS(シマノインデックスシステム)と呼ばれる変速機構で、ご存知のように自転車はペダルで回転させられる前側の歯車(2~3枚)と後輪に付けられた後ろ側の歯車(9枚程度)の組合わせをチェーンで駆動しますが、変速の為にチェーンを掛ける位置を移動させて歯車の組合わせを変えます.これを手元のレバー操作の引き代でアナログ的にディレーラー位置を変えていたのが従来であり、1段づつスムーズにチェーンを移動させる技量が要求されました.このワイヤー操作をラチェットで固定的に行い、チェーンが歯車間をスムーズに渡れるように歯車形状も変更させたものがSISで、ワンタッチで変速が行えるようになりました.もうひとつがSTI(シマノトータルインテグレーション)と呼ばれる、ブレーキレバーとシフトレバーを一体化させたもので、この2つにより、ライダーは常時ハンドルを握ったままシフト操作が出来るようになりました.これはマウンテンバイクのように荒れた山道を走る為の自然な要求から始まりましたが、今ではロードレーサーにも、レース中の微妙な駆引きで変速タイミングを逃さない為に必須の機能となり、スポーツサイクル全体に普及しています.
シマノの変速機の例をご紹介しましたが、このように現在の自転車ではパーツの標準化、互換化が進んで、ネット調達で何でも手に入りますし、マニュアルも容易に検索することが可能です.自分の好みでパーツ交換してカスタマイズや消耗品の交換などメカいじりの楽しさが味わえます.
次に私の最近の自転車乗りのスタイル、楽しみ方をご紹介します.最近では良く、ぴたっとしたボディースーツにヘルメット、サングラスでロードレーサーに颯爽と乗っている人々を良く見かけるようになりました.私は照れも有り、ああいうスタイルは取らずにもっぱら気楽に自転車散歩、ポタリングを楽しんでいます.日立周辺の他に、車輪着脱が容易ですので車で運ぶことも出来ますし、未だやったことはありませんが電車で輪行(火野正平のスタイル)することも可能なので遠出も出来ます.
自転車のメリットは車では躊躇するような裏道、狭い道を試行錯誤しながら探索できて、かつ徒歩よりも圧倒的に行動範囲を広げられることです.
しかし、日立の街の道路事情はあまり自転車にやさしくありません.車の交通量が多く、気が抜けないのと山がちで坂が多いことです.休日の早朝など時間を選べば、のんびりとポタリングを楽しむことも可能ですので、いくつかお勧めコースを紹介します.
・自宅付近巡回コース(大久保~金沢~大沼~水木~河原子~桜川 約60分)
・山側道路 (高低差の判る地図を利用すると良い.ex:ルートラボ)
・久慈川堤防(久慈川サイクリングコース)
・ひたち海浜公園
・水辺周りは平坦で走りやすい(涸沼、千波湖、霞ヶ浦)
・つくばりんりんロード(筑波鉄道廃線跡地)

みなさんも若かりし頃を思い出して自転車で爽快な風を味わっては如何でしょうか?
最近では自転車用のナビもあるようですし、私は定年後は全国を廻ってみたいなと楽しみにしています.  ご清聴有難うございました.
以上

紙飛行機について2014/04/19 09:59

     紙飛行機、ペーパーグライダーについて
  2014/4/17  地区の集まりにて

紙飛行機とは

・紙飛行機の分類(組立て式切紙飛行機、日本で特異に発達)
紙飛行機というと折り紙飛行機をまず思い浮かべると思いますが、私がご紹介するのは紙から切出した部品を貼り合わせて組み立てる「組立式切紙飛行機」と分類されるもので「ペーパーグライダー」と呼んだ方がピンと来るかもしれません.
・二宮さんの「紙飛行機」が原点
紙を部材に使うということは強度や耐水性の面から、世界でもあまり行われていませんが、二宮康明さんが、軽量で貼り合せることにより一定の強度を持ち、ラッカー塗装により耐水性を持たせた「紙飛行機」を確立され、日本の愛好家の間で普及しています.
・私のきっかけ 
2002年息子が小学校に上がった折に「ゆとり教育」で土曜が休みになりましたが無料デイのシビックセンタのミュージアムショップで二宮さんのSkycubを購入してきたのが「私」がはまったきっかけです.2002年~2007年までどっぷりつかりました.最近はご無沙汰していますが想い起こして書いています.

設計の楽しみ

・紙飛行機の構成要素
基本的に揚力を得る為の主翼と、主翼の気流に対する角度を制御する尾翼(水平安定板)、方向を制御する尾翼(垂直安定板)を胴でつないで構成します.
主翼には揚力を発生させる為にキャンバーがつけられます.
愛好家たちは専門用語を使って会話をすることが好きで、主翼、尾翼の各部分を翼弦、前縁、後縁、エルロン、フラップ、エレベーター、ラダーと呼びます.ちょっと生意気に感じるかもしれませんがこういう用語を覚えないと飛行調整が出来ません.
・飛行の為の要件
3方向のつりあい(ピッチング、ローリング、ヨーイング)
 ピッチング:主翼の気流に対する角度(迎え角)を安定させる、飛行機にとってメインの調整で、主翼とエレベーターの取付角差を調整する.具体的には水平尾翼(エレベーター)のたわみを指で調整する.
 ローリング:主翼に上半角を付けることで復元力を持たせる.飛行調整時は左右のエルロンを指でたわませる.
 ヨーイング:方向安定(風見安定).垂直安定板(ラダー)を装備することで方向安定を確保.機体の旋回の為にラダーを使うこともあるが、私は使いません.水平安定板(水平尾翼)を傾けて付ける、スタブティルトという方法を使っています.
・重心位置、尾翼容積率、翼形、翼の平面形
これらは機体を設計するときの代表的なパラメータになり、一般的な指標がありますので初心者でも飛ぶ(滑空する)機体を設計することが出来ます.
・CADによる設計、優れたフリーウエア
自分で設計した機体を製作、飛行させることは非常な楽しみですが、これまで説明した難しい航空力学を必ずしも理解する必要はありません.自分の好みの外形寸法、主要パラメータを与えると詳細を計算し、部品図まで展開してくれるCADがあります.発進速度、角度、傾きなどの飛行条件を与えて飛行経路、滞空時間のシミュレーションまで出来ます.非常に優秀かつ寛容な愛好家の方がおられてフリーウェアとして提供してくれています.これ一本ですべて出来るのでおそらく全ての自作紙飛行機愛好家が使っているのではないかと思います.
・私の設計方針、中型、薄翼、軽量、投げ上げ重視
 私は子供の頃、野球をやっていたので肩に(少し)自信があります.従って他人よりも高く、飛行機を投げ上げたい思いがあります.そこである程度軽量で、多少荒っぽくスナップを利かせて投げられる薄翼、中型の機体を作っています.

製作の楽しみ

・紙取り、強い繊維方向
紙飛行機の製作にはケント紙を使います.好み、こだわりによって部品によって材質、厚みを変える人もいます.部品によって必要な強度方向があるので紙の繊維方向に合わせてレイアウトします.自分の必要な繊維方向(紙の目)の用紙を得るために全紙を買って裁断することもあります.
・工作精度の重要性
紙飛行機をまずは15秒飛ばせれば一人前と思います.しかし15秒の壁は厚いです.15秒滞空する飛び方というのは、15m程度の高さに投げ上げたあと、30m程度の円を描いて旋回し、1m/s程度の降下率で滑空する飛び方です.従って機体はゆるい旋回をするように仕上げる必要がありますが、これが難しい.機体がゆがんだり、ねじれたりしているからです.工作精度が要求されます.
・構造・製法の改良、ジグの製作(2.5mm角棒(ワイパー芯))
従って、構造、ジグなど工作方法を改善していくことも重要なテーマとなり、愛好家達はネット上で製作方法や部材の評価の情報交換をして競い合っています.例えば私の機体は胴体を中空二重四角胴という構造にしていますが、紙を折って貼り合せた3mm角の角パイプを使います.このとき2.5mm角材を芯にして作るのですが適当なものが手に入りません.ワイパーゴムブレードの芯を3枚貼り合せるのだと教えてもらいました.
・接着剤
紙同様に接着剤は重要な部材です.広い接着面では紙がふやけないように水性ではないセメダインCを使います.一方、セメダインは乾燥時に収縮するので尾翼取付部などひずみをきらう箇所にはボンドを使ったりします.
・塗装
芝生などの朝露でぬれるのを防止するのにラッカーを塗ります.やはり紙がふやけないように油性ラッカーを使いますが、セメダインがシンナーでゆるまないように乾燥させた後に塗装します.
・一個流しかロット製作か、工業製造の疑似体験
接着剤、塗料を使うために乾燥工程があり、1機製作するのに2~3日はかかります.競技会出場時は3~4機は持って行きますので複数機を同時製作します.ジグの数などによって工程を考えますがチョットした工業製造の疑似体験です.数百円の材料費で2~3日楽しめます.

飛行の楽しみ

・フリーフライト
ラジコン機などの模型飛行機と違って紙飛行機は操縦が出来ない、つまり発進させた後は全て機体の持った特性のみによって飛行が決まる、ということで「フリーフライト」と呼ばれています.従って予めの機体調整と投げ上げ速度、角度及び傾きの調整のみが出来ることです.
・スポーツとしての手投げ(ハンドランチング)
投げるイメージは大体、野球の外野手のバックホームに近く、軽く助走して投げます.しかし、野球のボールが130~150g程度であるのに対し、手投げ用の機体は10~20g程度であり初めは空振りになります.指が引っ掛かるようになると軽い分、100km/h超?の速度で投げられるようになり面白いように高く上がります.全身を使ったスポーツの感覚です.
・右旋回上昇、左旋回滑空
左旋回をするように調整された機体を高く上げるためには右に45度程度傾けた姿勢で発進させます.すると機体は徐々に左にロールしながら上昇し、最頂点で左旋回滑空に移行させるのが最高の飛行です.うまくいくと30m程度まで高度を取ることができます.
なかなかイメージをお伝えしにくいですが、イメージ図を引用します.
・発進と滑空の両立(機速 5m/s~30m/s)
フリーフライトで説明したように発進後、機体を制御することは出来ませんが、発進~上昇と滑空の2つの異なった環境を飛行する必要があります.発進時と滑空時の機体速度の差は、約30m/sと5m/sであり、これが機体が受ける空気力(揚力)の差になります.この発進と滑空を両立させる設計と調整が紙飛行機の醍醐味です.
・競技会
日本紙飛行機協会 全日本紙飛行機選手権大会 (市販機のみ 60秒Max 5投計)
日本大学航空研究会 木村杯 (60秒Max 8投 上位5投計)於武蔵野中央公園 など
・茨城地区の同好会、グランド
いわき紙飛行機をとばす会(鮫川河川敷)
つくば紙飛行機をとばす会(茎崎運動公園)
水戸紙飛行機クラブ(千波湖四季の原)などありますが、日立にはないようです.
私が良く飛ばしたグランドは国分グランド、会瀬グランド、山吹公園、笠松運動公園、海浜公園などでもっぱら早朝に一人で飛ばしていました.
・最近の状況、バルサ機、SAL(SideArmLaunching)
私が夢中になっていた2005年頃と比べ、自作機種、手投げの紙飛行機分野は現在はやや下火になっているようです.2013年の全日本紙飛行機選手権のエントリは60人、木村杯は15人でした.この分野の愛好家は特に自作、手投げにこだわりがありますので、グローバルでより一般的なバルサ機に向かっているようです.バルサになると紙に比べて工作は大変になりますが強度による大きさの制約はなくなり、スパン(翼展開長)1m程度のものが主流になります.そうなると翼端を持って振り回すようなSAL(SideArmLaunching)が普通になり、より本格的な模型飛行機愛好家になっていくわけです.

まとめ

紙飛行機の魅力について、設計、製作、飛行の面からご紹介しました.非常に手軽かつ廉価に入って行け、かつ非常に奥の深い、知的好奇心を充たしスポーツとしても意義のある趣味だと思います.ぜひトライしてみてください.御清聴有難うございました.

参考文献
二宮康明著 「二宮康明の紙飛行機集」誠文堂新光社
小林昭夫著 「図解 飛行機はなぜ飛ぶか?」講談社
加藤寛一郎著 「隠された飛行の秘術」講談社

参考サイトURL
http://page.freett.com/tsukubapp/  つくば紙飛行機を飛ばす会
http://homepage2.nifty.com/iwaki-airmodel/  いわき紙飛行機を飛ばす会
http://homepage2.nifty.com/musashinoPPC/index.html 武蔵野ペーパープレーンクラブ
http://www.yp1.yippee.ne.jp/launchers/ ランチャーズ 模型飛行機クラブ
http://www.ac.cyberhome.ne.jp/~v-tails/pp/index.html Vtails/紙飛行機(CAD他理論派)

旧市街2011/06/09 20:55

 街の様子です.
カラフルな伝統的な衣装を着た女性たち. 頭の上に荷物を載せて運ぶ姿.
黄色と緑のツートンカラーで目を引くオートリキシャー.
道路わきのごみ.
歴史的な建造物.
頻繁に鳴らすクラクション.(車の後ろに「Horn Please」と書いてある)
悠然とさまよう野良牛たち.
生真面目に荷車を曳くラクダ.

 混沌としています.タイムマシンで何世紀か前の世界に紛れ込んだ気がしてくる.