アランフェス協奏曲~宮下祥子2006/12/07 05:36

 我町には企業のアマチュアオーケストラがある。年に数回の定期演奏会のポスターが貼られ目につくことになる。
 ほとんど興味は起きないのだがコンチェルトの時はソリストがクローズアップされる。今回はめずらしくギター。超有名なアランフェス。なかなか魅力的な女性奏者。行こうかなと思った、料金も安いし。

 学生時代。TVで山本直純がやっていたころの「オーケストラがやってきた」で山下和仁のアランフェス第一楽章を観た。かっこよかった。
 2楽章の有名なフレーズはみんなが知っているが、ギターで3楽章もののちゃんとしたコンチェルトがあるのは知らなかった。
すぐにジョン・ウィリアムス&オーマンディのレコードを買ってきて良く聞いた。そのころはセゴビア、イエペス、ブリームくらいしか選択肢はなかったと思う。今は若い人も含め、たくさん出版されているが、若いジョン・ウィリアムスのものが快速感とクリアな音質で今でも一番好きだ。
 とても素人が弾ける曲ではないが、たまたま芳志戸幹雄時代の「ギターを弾こう」のテキストに2楽章がカデンツアを含めて全部掲載された。これをなぞれるようになったのを良いことに1,3楽章は上野の文化会館の音楽資料室に通って写譜した。
 当時、輸入楽譜は高かった。今はどうかとネットで検索すると数千円で通販でき、おまけにカラオケ(本当の空オーケストラ)の練習用CDまで付いている。

 で、前夜3時まで飲んで二日酔い状態だったが出かけた。

 とにかくソリストのプレイを観たいので最前列に座った。
彼女(宮下祥子)は赤いドレスを着て表れ、やや中央に体をひねって着席した。ギターと右手の位置を確認するときに、その延長線上の私と目が合った。その後、最後まで前列には目線を落としてくれなかった。

 演奏には見たことのないマイクとスピーカーのPAを使った。エクリプスというのだそうだ。最前列にいたせいで全体の音響効果はわからない。

 これまで観てきたコンチェルトと比較して感じたことは2つ。
ギターとオーケストラでは音量と音の立ち上がりが違う。ギターはポンと鳴って終わり、オーケストラは遅れて音量が出てくる感じ。そのため負けないように音量を出そうとしたり、コードやラスゲアードはやや遅れ気味で長く音を引っ張るような弾き方をするのが普通だったが、彼女は随分とあっさりと弾いているように見えた。PAを計算してのことと思う。全体としてはどう聞こえていたのか大いに興味ある。
 アンコールにアルハンブラを弾いてくれた。つぶのそろったきれいなトレモロで好感の持てるテンポとフレージングが良かった。

 彼女のことはあまり知らなかったので帰ってからネットで調べた。
海外コンクールやコンサートなどで活躍しながら自身のギター教室も運営されているようだ。北大で化学をやっていたというのも親しみが持てる。

 活躍する女性というのはいいな。

オフィシャルサイト:
http://www.h5.dion.ne.jp/~sa-chan/
12/3コンサートの様子:
(アコラさんのサイトより引用)
http://acousticlife.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_b876.html
エクリプス(PA):
http://www.eclipse-td.com/report/special/fukuda/index.html

ギター暖簾2005/10/29 16:37

ギター暖簾
 暖かい秋の色調にかこまれたギター。小学校の図工の時間に描かれた暖簾の作品。娘の作。
 親馬鹿であるがうまいと思う。色使いとギター本体まで花を描いたセンスが好い。
 まさか親父のString & Camberを知っているわけではないが"String"として採用させてもらおう。

クリストファー・パークニング2005/10/03 23:53

「亜麻色の髪の乙女」のジャケット
 

クリストファー・パークニングの来日演奏会があったとのこと

朝日新聞の夕刊で知ったが田舎住まいで遠方であるし、とても今からでは切符も手に入るはずも無し、
どんな演奏だったろうと気になりながらWeb検索してみると何人かの方がブログで様子を伝えてくれていた.

パークニングに出あったのは1977か78年.NHK FM、皆川達雄さんの「バロック音楽の楽しみ」でだった.
当時大学生でギタークラブだった私はFM雑誌でギター音楽をチェックして自分のクラシックギターの世界を拡げているところだった.
番組で紹介されたレコードは「亜麻色の髪の乙女」(1976年) のA面

プレアンブロとアレグロ  伝スカルラッティ  ?ポンセ
サラバンドと変奏曲   ヘンデル
メヌエット        ヘンデル
ジーグ     伝ビゼー  ?セゴビア
パッサカリア  ヴァイス
神秘の防壁  クープラン

このレコードのB面にはタイトルにもなっているドビュッシーの亜麻色の髪の乙女やサティーなどが有り、実は未だに聞いていないのだが、
バロック音楽という番組のタイトルからB面が紹介されないのは当然なのだと今にして思う.
まず好きになったのはパッサカリアで全音?のギターピースが販売されていたのでこれを元に、パークニング編で変えているところをコピーして何とか弾けるようになった.
その後5年間ぐらいはソロで弾く機会があるとこの曲を演奏した.
その次はプレアンブロとアレグロで、この曲により古舞曲を模したポンセが好きになり、イ短調の組曲やジョン・ウィリアムスのポンセ集に入っているホ長調のプレリュードを練習したものだった.
すごい技術と音楽性を持つパークニングを発見してしまった自分としては次を探るべく、秋葉原の石丸レコードに行き2枚組みのパークニングベスト集?(東芝エンジェル?)を購入.
この2枚目はバッハ集で、フーガ、シャコンヌ、無伴奏チェロ組曲などで圧倒された.
どれもすごいがパークニング自身の編曲物のコラール「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ」は深く感動する演奏である.
結論的に表現するとパークニングの演奏は人間が弾いているように聞こえない.そこに神が存在しているような宗教的、芸術的体験として感じられた.

その後、モンタナ州立大学の先生になって田舎に引っ込んでしまったとか新聞で読んだり、あまり世間(日本では)には出てこず、その才能が惜しまれるという世の中の見方だったと思う.

私、個人としては1985年に滞米しTVのグラミー賞中継でセゴビアの替わりに弟子としてパークニングが出演し、
舞曲(ルイス・ピポー  歌と舞曲1番)
カナリオス (サンス)
を演奏するのを観たが、場違いな感じで気の毒だった.マイケル・ジャクソンやプリンスの横でルネッサンス舞曲を弾く姿を想像していただければ判ると思う.

それから長い年月が経った.曰く、「32年ぶり奇跡の来日」

ブログで伝えられるところでは相変わらず完璧な技巧らしいが、声楽との共演であったり、アランフェスは2楽章だけ(1,3楽章省略???)とか溢れる才能がありながら自分を前面に出さない片鱗が想像された.
ぼちぼちコンサート評などが出てくるだろう、TV放映もあるかもしれない.楽しみに待ちたい.